おひな様と母のこと

今日はひな祭りですね。


先日実家に顔を出したら、おひな様が飾ってありました。


 

私のおひな様です。
40ウン年間毎年変わらず、嫁に出た後もこの時期この場所ですごしています。

私の兄弟の子ども、つまり母にとっての孫は、うちを含め全員男子。
もうこのおひな様でお祝いすることもないのです。
私だって自分には息子しかいないので「おひな様を飾る」なんて
自分の家ではしたことありません。

実家は、私の思う「シンプルライフ」とはほど遠いけれど、
おひな様を出したりしまったりする労をいとわず、
こうして大事に思ってくれる母。
このおひな様が用意されたときの両親や祖父母の私への思い、
自分はどんなに沢山の愛情を注がれて育ってきたのかと、
感謝の思いでいっぱいになりました。
こんな歳になってさえですから・・・


今はもう母しか残っていません。
母も歳をとったし、私も大人になったので、
これからは(って遅すぎー!!)逆転して、
私が母に寄り添ってすごしていきたい。


・・・なんて思っているのに、
「もう!これ片付ければー!!!」なんてすぐ大声だしちゃう私。


母のようになるにはほど遠いなー。


シンプルライフよりも、合理的な生活よりも、空間の整理よりも、
もっともっと大切なもの、根本的なこと、
それが何か言葉で表すのは難しいのだけれど、
「親の絶対的な愛情?」「ありのままの姿を受け入れてくれること?」
そういうことを与えてくれた両親に感謝感謝です。

私も息子にそれだけは無条件でたくさん与えたい。
与えられる自分になりたいです。


本当に本当に尊敬する母です。










コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM