片づけの始まりは・・・

なんとな〜く、
本の背表紙でもそろえる、くらいの気持ちだったのに。



敬老の日の連休、
なんとな〜くちょこっとのつもりで始めた片づけが大片づけに発展してしまい、
結果的に年末の大掃除を上回るような大イベントになってしまいました。
(1日で終わる予定が、丸2日かかっての作業)


なんとか、収束してよかった〜。


以前、片づけ始めたら終わらないんじゃないかと恐怖すら感じる・・・というご意見について、「でもやっぱり、片づけ始めなくちゃ終わりはきません!」なことを申しましたが、ごめんなさい。心の中で「そうだよねぇ、終わりが見えないのは怖いよねぇ」とそのご意見を書いて下さった方のお気持ちを重々思い返しながらの作業でした。





まぁどうしてここまで発展してしまったかというと・・・

子ども(現在幼稚園年長男児1名)がだいぶ大きくなったので、
もう勝手に触られたら困る物がほとんどなくなり(口で言えばわかるので)
むしろ、もっと彼が自分で自由に取り出しやすくしまいやすい収納システムを
作り直したかったり。

子ども部屋がないので、来年の小学校入学に合わせて、仕事部屋兼物置の使い方や、
学用品や勉強道具などをどこにしまうかを考えたかったり。

どうやら今までの収納システムを抜本的に見直す時期にきているようです。

子どもは「しまう」といっても「つっこむ」くらいですから、
もっともっとモノを減らさないと、あっという間にカオスになってしまうし。

モノだって意識して増やさないように気をつけているはずが、やっぱり気づくと増えているし。



それからよいことも、
片づけを何回か繰り返していると、以前捨てられなかった物も
なんで今まで捨てられなかったのかな〜と簡単に手放すことができたり。



今回の大片づけは久々に大変だなぁと感じたのですけど、
やっぱりやってよかったです。






なんとなく始まった片づけなので、Before After の写真は特にないのですが、
この棚も、ほとんど全部棚板を移動して、入れる場所やモノを「今」に合わせて
変更しました。



↑この大片づけ、夫が本気出したためということもあります。

片づけは女手ひとつでやるより、男手が入ると3倍いえ5倍ははかどります。
お父さんが一緒にやってくれるとすごい威力ですね〜(感謝)





そして、
びっちり入っていた棚にも、空間が。
さてここに何を入れよう・・・

ではなく、
ここはぽっかり空けておきます。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM