お父さんと子どものお片づけ


12月ですね。
今年もあと1ヶ月と思うと、普段とかわらない日常のはずが、なんだかとても慌ただしく感じます。新しい手帳もノートも用意したことだし、慌てないで丁寧にすごそうと思います。




うちの息子にとって12月は待ちに待ったパラダイス月間。
誕生日→クリスマス→旅行(実家帰省)→お正月

つーまーりー
プレゼントがいっぱい。

高齢夫婦に育てられている息子は、なんだかんだと普段から割と希望を叶えられていて、誕生日だからクリスマスだから特別って感じでもないと思うんですがね。やっぱりワクワク感は特別らしいです。


それで、お誕生日やサンタさんからのプレゼントに備えて、おもちゃの整理をするんだそうです。新しいおもちゃの場所を作っとかないとマズイ!と思ったのか!?


あーれー?
おもちゃの整理はこの間やったばっかりじゃなかったっけ?と思うんだけど・・・

今回はお父さんとやるそうです。





息子にお父さんと一緒にやる!と言われてはりきっているお父さん、
奇麗好きなのはとってもとってもありがたいし嬉しいのですが、

子どもに向かって
これいらないでしょ、これ使ってないでしょ、これもういいよねぇ

連発しないか、母、心配・・・





まぁでも、二人でやるって言うのでそっとしとこう。

↑全部だす。

↑選別する。
お父さんに向かっても自分の気持ちは結構ちゃんと言ってるみたいね。

↑今回手放すと決めたおおちゃ。
えーっ!
3歳の時にサンタさんからもらったクリスマスプレゼントはもういらないの〜?

↑仕分け用の頒布ボックスの代わりに、近所のドラッグストアへ走り、段ボール箱を仕入れて簡易仕切り箱を作りました。この辺のフットワークの良さはお父さんならでは。

↑戻す。


↑完成。
新しいおもちゃ用の場所できた。




おもちゃも年齢によって遊び方が変わってくるので、おもちゃの整理ができるのはよいと思います。でも、新しいおもちゃが来るから、旧いのはもういらないとか、おもちゃをちょっとの期間で飽きてしまうというのはどんなものかなぁと少し考えてしまいました。

親はおもちゃを買ってあげた時の嬉しそうな子どもの顔が見たくてつい買ってしまうのです。

物(おもちゃ)を大事にしてほしいと思うなら、親も我慢が必要ですね。
子どもの責任ではないです。



親バカもいいけど、バカ親にならないように気をつけないと・・・
はっ〜!子育てって難しいですね。

普段私と子どもとでやっているおもちゃの整理ですが、こうしてお父さんとやっているのを見ていたら、おもちゃの片付けだけでない客観的なことも見えて、いろいろ考えさせられました。





手放すと決めたおもちゃも、一応確認のためしばらく手元(別の所)に置いておきます。
本当に手放してよさそうだったら、まだ遊べるおもちゃは順に喜んでくれそうな方に使っていただけるように手配します。

お読みいただきありがとうございました。
励みになるので、読んだよ!のシルシに
いずれかクリックして下さったらとても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(業者・アドバイザー)へ

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
JUGEMテーマ:かたづけ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM