■親の家をかたづける(13日目6時間)

ご訪問ありがとうございます。
《暮らしデザイン》建築士&ライフオーガナイザーのほんまゆりです。



細々と続けています「親の家をかたづける」プロジェクトです。

今度は「取り壊し」などの差し迫った「いついつまでに片づける(片づけなければならない」
という期限がありませんので、母も私もお互い放っておくと、なんとなく忘れたフリ状態・・・
ではありませんが、少しゆっくりしていました。



「離れ」の解体も終わったことだし、そろそろ片づけも再開しようかね・・・

ということで、今回は5月下旬に行った母屋の片づけの記録です。






今回は「離れ」に置いてあった桐箪笥を2竿持ち込んだ部屋の片づけです。

ここにあった物をどかして、掃除して取り合えず箪笥を置いてしまったので、
箪笥の中身も、元々ここにあった物もごちゃごちゃ〜
↑元々ここに置いてあった物も整理されていたわけではなかったんですけど


Before


Before
↑ありゃー!行き場を失った小箪笥が部屋の中央に・・・



今回は「離れ」から移動してきた桐箪笥とは別に、
元々あった箪笥の引き出しも全部出して、選別・カテゴリー分けをしました。



あっちにもこっちにも、靴下が入っていたり、
あっちにもこっちにも、下着が入っていたり、

あっちにもこっちにも、頂き物のハンカチ(新品)が入っていたり、
あっちにもこっちにも、ブラウスが入っていたり、

↑新品はこっちとか、旅行用はこっちとか、もうそろそろダメなのはこっちとか?
母独特のルールで配置していたようですが、結局どこに何が入っているか
わからなくなってました。

あ〜こんなに靴下(下着、ハンカチ)あった・・・とか言ってましたから。

やっぱり、同じ種類は同じ場所がいいのでは?ということで、
下着は下着、その中でも夏物・冬物・春秋物・新品などのように、
すぐ補充できるように配置しました。




てっこ(家事をする時、袖が汚れないようにはめるもの)ないないと思って買ったら、
やっと出て来たって・・・てっこ、何個持ってるんだ〜〜




とにかく選別して、カテゴリーごとに分けていく作業。










After


↑まだ完全に完成ではありませんが、大部使いやすいように配置できました。





歳をとると、体力的なしんどさが若い人よりずっと増すので、片づけるタイミングも、
その前後に別の用事が入っていないなど、余裕のある日程を選ばないといけません。

↑そんなことを言ってたらいつまでたっても片付かないよ

と思いがちですが、
やはり私がサポートをしたとしても、片づけをした翌日はどーっと疲れが出るようなので、
ピンポイントでぽっかり予定の空いた日に一気に片づけようというのでは、
とても厳しいです。

前後に余裕のある日程で、1日かけて一気に片づけて、
翌日は、母が1人でボチボチ整え、
その2〜3日後に、もう一度私が行って前回の仕上げをする。

そんなパターンがよい感じです。

これを月に1回のペースでやっていこうと思います。





「親の家をかたづける」は長距離走のようです。
体力と根気力がいりますね。

でもアクションを起こせば必ずゴールに近づきます。
(近づいてると思います!)



そして、母が生き生きと自立した老後を送れますように、

それが私の願いです。




(まだまだつづく)






お読み頂きありがとうございました。
励みになるので、読んだよ!のシルシに
いずれかクリックして下さったらとても嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM