■見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚 その2

ご訪問ありがとうございます。

《Kuraci Design*暮らしデザイン》
建築士&ライフオーガナイザーのほんまゆりです。
 



早速、「見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚」
プチリフォーム&DIY の続きです。




玄関を入ると、中廊下で左右に個室があり、
廊下をまっすぐ進んだ先にLDK、という

ごくごく一般的なマンションに住んでおります。



(BEFORE)
 


廊下というのは、居室と居室を「つなぐ」空間、
通るだけと言いますか、使い道という使い道がない部分。

マンションだったら、
廊下がないプランの方が各居室の面積が広くなっていい!
我が家の廊下(の床面積4.3平米)わー!なんだかもったいない!
と、最初は思っていました。




でもこの中廊下のある家に住んでみると、

この廊下の通り抜け感が、
気分転換というかワンクッションになって、
壁に絵など飾ってみたり、
廊下があるのも悪くない、
廊下もムダな空間というわけではないなぁ、

と思うようになりました。





さて、玄関を上がってすぐ左手の部屋に置いていた本棚、
奥行きを浅く作り直して、この廊下に設置するのはどうか?
という案が浮かびました。


(廊下の幅、有効で90cmあります。
もし奥行き20cmの本棚を設置したら、通る部分は70cm。)



↑なしなし

いくら本棚の奥行きを浅くして、
廊下の有効幅を70cm確保したとしても、
そういう廊下もあり得なくはないけど、


やっぱり圧迫感あり過ぎでしょう。




(BEFORE)
 


この廊下の抜け感を保ちながら、本をなんとかしたい。



そこで、
廊下と居室の仕切りの壁自体を本棚にしてしまえばいいのでは?

ということになりました。






(in PROGRESS)
 




壁を壊して
 




穴を開けることにしました。




最初、DIYが趣味の夫が自分でやる!とか言ったのですが、
いくらなんでも、
間仕切り壁の下地(軽量鉄骨)、
素人の道具では切れないでしょう。
解体後廃棄物の処理も、
いくら少量とはいえ、家庭ゴミではダメでしょう。



ということで、
この部分の作業は台和建設利根川さんにお願いしました。







(つづく)






その節は急な依頼にも快く対応してくださり、
大変おせわになりました。
ありがとうございました。


記事にしたつもりでしてなくて、
あれから2年以上過ぎてしまいました。

そうなんです。

このリフォーム記事、
我が家にとっては全然新しいことではないのです。


それなのに、つづき、つづきでごめんなさい。
↑丁寧に書きたいと思いますので、お許し下さい。










只今募集中の講座です
ーーーーーーーーーーー
7月15日(火)10時30分〜12時
9月16日(火)10時〜12時30分
ーーーーーーーーーーー
住まいの小さなストレスは
意外と簡単!プチリフォームで解決です。
・ご相談お問い合わせ [ kuracidesign100@gmail.com ]
ーーーーーーーーーーー





お読み頂きありがとうございました。
励みになるので、読んだよ!のシルシに
いずれかクリックして下さったらとても嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM