■見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚 その4

ご訪問ありがとうございます。

 
《Kuraci Design*暮らしデザイン》
建築士&ライフオーガナイザーのほんまゆりです。




「見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚」


(現在)
 


元々、個室にあった本棚をなくす(本を減らす)ということで始まったプチリフォーム。

本は減らしても、また増える・・・で、現在はこのような感じです。
我が家の本は全部ここへ収まるだけ。



「見えるけど見えない(気づかない)」というのは、


 

↑本棚のすき間から、部屋内が見える


訪ねていらした方は、
本棚の奥行きのせいもあると思いますし、
あまり家の中をジロジロ見ては失礼と思われるのか、
まぁ廊下ですので、さーっと通るだけだからか、



意外と、本棚のすき間から部屋の内側が見えることに
気づかない人が多いです。



こうなってるの〜と、向こうが見えることをご紹介して
え〜っ!となる方がほとんんどです。



↑だから
「見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚」





子どもの本も全部こちらの本棚に。
 

子どもの身長に合わせて、
自分で出し入れできる3段目一列が全部子ども用の本です。





部屋内側から見るとこんな感じ。
 

この部屋は寝室。
家族で川の字に寝てます。


寝る前に読む本を、
あれこれ選ぶのに
こちら側から取れるのも便利です。






というわけで、
「見えるけど見えない(気づかない)壁の本棚」

やってみてとてもよかったです。



※本棚は上下の枠に固定していますので、倒れることはないと思いますが、
大きな地震の時には、本が飛び出してくることがあるかもしれません。





只今募集中の講座です
ーーーーーーーーーーー
7月15日(火)10時30分〜12時
9月16日(火)10時〜12時30分
ーーーーーーーーーーー
住まいの小さなストレスは
意外と簡単!プチリフォームで解決です。
・ご相談お問い合わせ [ kuracidesign100@gmail.com ]
ーーーーーーーーーーー



 
お読み頂きありがとうございました。
励みになるので、読んだよ!のシルシに
いずれかクリックして下さったらとても嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(業者・アドバイザー)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
 
JUGEMテーマ:リフォーム

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM