■お布団は押入れにしまう

ご訪問ありがとうございます。

《Kuraci Design*暮らしデザイン》
建築士&ライフオーガナイザーのほんまゆりです。




昨年秋よりオーガナイズサポートをさせて頂いているY様のお宅です。
(掲載の許可を頂いております)


始まりは
「出しっ放しのお布団をなんとかしまえないか・・・」というご相談でした。

 
(Before)


お話をうかがっていくと


寝るのは絶対お布団!
あえてお布団派だそうです。


ということは、この布団の上げ下ろしは日常的に(毎朝夕)行われる作業。
和室&お布団は、ご家族のライフスタイルにとって優先順位が高い物。
一番楽に出してしまえる場所に、定位置がないとストレスです。



お布団を押入れにしまいましょう!



押入れは大容量の収納場所で、
なんだか他にもっとしまっておきたい物がありそうな気がするんですけど?


いえいえ
ご家族の人数と、お布団の種類や量というのは決まっていますし、
毎日それも朝晩とやらないといけないのですから、
特等席にお布団の定位置を決めちゃっていいのです。

 
(Before)


Yさまは、片付けができない人ではありません。
今までの押入れも、きちんと何が何処にあるか整理できているご様子。


でも年間通して実際使っているお布団の量を考えると、
押入れ上段全部が布団用のスペースとして必要でした。


後は、今押し入れにしまってある物を一つ一つ確認しながら、
別の場所に移動したり、「減らす・整理する」の作業を繰り返します。


Afterの写真はないのですが
現在は全てのお布団が押入れに毎日しまわれています。


お布団を余裕で押入れにしまえるようになったので、
布団を打ち直してフカフカにしたそうです。


「家族みんなすごく気持ちよく寝てるの!」

後日、奥様からそんな嬉しいコメントを頂きました。

よく見たらずいぶんいらない物が押入れにしまってあって、
毎日使ってる布団が入らなかった。
思い切って布団が入るように整理したら、
和室も広く子どもが遊べるようになったし、
毎日毎日出しっ放しの布団を見て、ずいぶん憂鬱だったのが、
本当にすっきりしました。


ベッドの生活だと、布団を上げ下ろしする日常は遠くなり、
また、集合住宅にはまとまった収納が少ないので、
本来布団をしまうはずの押入れなのに
なんだか、布団をしまっておくのはもったいないような・・・


和室のない住居、布団を敷かない生活、そんなライフスタイルが増えると、
押入れは、布団でない物のための収納場所となります。


でも、和室でお布団敷いて寝起きする生活を選んでいる方は、
堂々とお布団は押入れにしまいましょう。


↑それが本来の押入れの役割ですから!





只今募集中の講座はこちら!
ーーーーーーーーーーー
■ライフオーガナイザー入門講座
2015年5月26日(火)10時〜12時30分(最長13時)
詳細&お申し込みはこちら▶︎◎◎◎
ーーーーーーーーーーー
■オーガナイズカフェ@武蔵浦和
2015年3月17日(火)10時〜11時30分
オーガナイズカフェ詳細&お申し込みはこちら▶︎◎◎◎
住まいの相談はこちら!
ーーーーーーーーーーー
住まいの小さなストレスは
意外と簡単!プチリフォームで解決です。
・ご相談お問い合わせ [ kuracidesign100@gmail.com ]
・レジデンシャルオーガナイズ 詳細はこちら▶︎◎◎◎
ーーーーーーーーーーー
親の片付け・自宅の片付け・子どものためのお片づけ
オーガナイズサポートのご相談 詳細はこちら▶︎◎◎◎




お読み頂きありがとうございました。
励みになるので、読んだよ!のシルシに
いずれかクリックして下さったらとても嬉しいです。
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM