防災グッズの見直し


毎年9月1日の防災の日に合わせて、防災グッズの見直しをしています。

チェックすると、防災グッズが家にあるってことで安心してしまい、1年経つと中に何が入っているか忘れてしまう・・・



何が入ってるんだっけ?


↑我が家の防災・避難グッズ、第1持ち出し袋、2つあります。







↑左側の袋には、そうそう、
シート、保温フィルム、懐中電灯、ラジオ、電池、ろうそく、マッチ、薬などなど・・・



↑そして右側のリュックには、少々の水と乾パン缶詰、タオル、家族それぞれの下着1組づつ、水を運ぶための入れ物などなど・・・



少々の水の、賞味期限が切れていたので新しいのと交換。
乾パンは2017年までだから、まだ大丈夫。





そして、防災グッズを置いておく場所にもどす。



我が家ではこれらの防災避難グッズを、洋服のクローゼット内の上の棚にしまっています。

上の棚は、出すのはいいけど、しまうのは結構面倒くさいのです。
なので日常よく使わないものを入れておく。



防災グッズは、いざという時に出しやすく・・・ですが、
だからと言って、日常の特等席ではちょっともったいない。
それほど空間に余裕はありませんし。

なので、ここに入れています。



多分、ここからこのバッグ2つ持ち出せなかったら、特等席に置いてあったって、きっと持ち出せないほどの大災害だろうから。




そんな災害がどうか起こりませんように。
神様お願いします。







<現在募集中の講座>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライフオーガナイザーって何?と思う方は・・・
9/19(木)ライフオーガナイザー入門講座 @さいたま市(武蔵浦和)

お子さま連れで参加したい方のための・・・
ママのためのお片づけプログラム第5期 @さいたま市(浦和)

まずは自分で片づけたい方のための・・・
利き脳片づけ術セミナー @さいたま市(武蔵浦和)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








埼玉県越谷市周辺で、昨日大きな竜巻が起こりました。
越谷は私が住むお隣の市です。

家屋の全半壊、そして人的被害も多数とのこと、

なんと言ってよいか・・・本当に心からお見舞い申し上げます。
被害にあった皆様の生活が1日でも早くが回復しますように、
そして傷が癒えますようにお祈りします。


お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

秋に向けてお家のリセット


新学期始まりました。
学校のお道具、夏休み中に作った工作など抱え大荷物で出かけて行きました。
私も久々に静かな(能率の上がる)ひとときを過ごしています。
(今日は引き渡し訓練ですぐに帰ってきちゃうんだけど・・・)



さて、夏休み中、子どもが家で過ごす時間が長くなったことで、いろいろ中断してしまっていることの中に「お片づけ」はありませんか?


まぁいいか・・・
お昼ご飯作らなくちゃいけないし


まぁいいか・・・
子どもと出かけなくちゃいけないし


まぁいいか・・・
片づけてもまたすぐ子どもが散らかしちゃうし


まぁいいか・・・

  まぁいいか・・・

     まぁいいか・・・




時には「まぁいいか」でよい場合もあるけど、それがあんまり続くと、何かのきっかけがないと、動きたいのに動けなくなってしまったり。




新学期、大人も何かをリセットするきっかけに使ってもよいですね。


思考を整理して、自分を肯定して、自分に合った片づけ方で、実際にお片づけにチャレンジしませんか?

小さなお子さまがいらっしゃる方はお子さま連れでご参加いただけるママのためのお片づけプログラム第5期詳細はこちら・・・◎

一般の方は利き脳片づけ術セミナー詳細はこちら・・・◎

どちらも、実際にお片づけを始めるきっかけに(引き金)になるような内容です。




秋は気候もよいし、春と同様お片づけにはうってつけの季節。
今から始めると、年末の大掃除なしに、ゆったりと年が越せます。

年越しの話題なんて早すぎ〜!なんて思っていても、今から年末はあっと言う間です。

そして、片づけたらやろう!と思って、なかなかできなかったこと、その本当にやりたいことにエネルギーを使えるように。





9月、新学期、
私も頭を整理して今までやりたいと思っていたこと、いろいろチャレンジする予定です!!












<現在募集中の講座>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライフオーガナイザーって何?と思う方は・・・
9/19(木)ライフオーガナイザー入門講座 @さいたま市(武蔵浦和)

お子さま連れで参加したい方のための・・・
ママのためのお片づけプログラム第5期 @さいたま市(浦和)

まずは自分で片づけたい方のための・・・
利き脳片づけ術セミナー @さいたま市(武蔵浦和)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー













夏休み、楽しかったなぁ・・・
私だけ余韻に浸っている、久々に静かな朝。

子どもは、やっと学校行ける!と、うきうきして出かけて行きました。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

私がどうしても手放せないもの

梅雨があけました。
いよいよ夏本番ですね。
Facebookでどなたかが、今年の夏は千年に1度の暑さらしいと書いてましたが、そんなに暑くなるんでしょうか・・・どんな暑さなんだろう・・・何か絶滅しちゃうとか??




さてこの週末、
私、家の片付けやってます。

気になる所、乱れてるところを直しながら、改めて物の要・不要の選択をしてます。
物の見直し、定期的というかスイッチが入ると私、急に始まります。


パスタを茹でる用の鍋(湯きりかごがセットになってるもの)とか、何かを保存するかと思ってとっておいた瓶とか、もう着ないと思ったズボンとか、あっちこっち引っ張りだして、いろいろお別れしました。
私、感情が優先の人なので、理由じゃなくて、手放せる時は手放せるし、手放せる物は手放せるんです。結構簡単に。












そして今回スイッチが入っても、やっぱりどうしても手放せなかったもの。



↑カセットテープたくさん

これは30年以上前に、今はもう亡くなった父が、クラッシックの音楽全集をダビングしてくれたテープです。今は著作権の関係でダビングってできないですけど、昔はよくテープにとりましたよね。曲名もタイトルもコピーを取ってきちんとカバーになっています。こんなに丁寧に沢山録音してくれたの、私のためだったのかなぁと思って、実家で母が処分すると言った時、私が引き取ると持ってきてしまいました。


もうカセットデッキも持っていないし、聴く術もないのに、私は一体これを持っていて、どうしようっていうのか・・・


それでもやっぱりどうしても、取っておきたいってだけ。











これもいつかは手放す時がくるんでしょうか。
それより、カセットデッキ買おうかな・・・とか考え中。
こんなライフオーガナイザーもいるってことで、よろしくお願いします。

お読みいただきありがとうございました。

鳩サブレー缶 我が家での使い道

ライフオーガナイザーのお仲間しららさん
昨日のブログ記事「どのお家にもある、空き箱の存在」

しららさん!
鳩サブレー缶(箱)への着眼点がすごーい!


なぜって・・・
うちにも鳩サブレー缶あるんです。


本当にそうそう!と思いながら
我が家での空き箱の存在について考えてみました。







まず、鳩サブレー缶(箱)我が家での使い道はというと・・・
(下は、ヨックモックのクリスマスバージョンの缶箱)







お裁縫関係の物を入れています。


ボタン、洋服に付いてくる端切れ、刺繍糸、紐、フェルト、ゴムなどなど・・・

(洋服の端切れは、お直しをしてでも着続けたい洋服の物だけ。ボタンはボタンとしての利用のためというより、子どもの工作用にきれいな物を選んで残しているかな。)




ヨックモックの缶箱なんて
実は・・・


お裁縫箱


裁ちバサミと針山(そしてマチ針の一部)なんて、小学校の家庭科で使ったもの。
(マチ針に名前が書いてある・・・)







そして、これらのお裁縫グッズは、リビング収納の中にしまっています。
扉を開けてワンクッションで取れる位置。(↑写真2段目)




形から入るタイプの私(?)ですが、こんな所は空き箱利用なんです。
(お裁縫自体、必要に迫られない限りそれほどしない、ということもあるかも・・・)


でも、このサブレー缶とヨックモック缶の、ピシッとした四角加減がすき。


(↑写真上段も、空き箱に文房具のストック入れてます)








他にも、こんな空き箱。


こちらのバームクーヘンはよくお使いもので購入するので、
ついでに自分たちで食べる分を買って、空き箱を利用します。
(よくよく考えると、箱が欲しくて買ってるかも・・・)




中身は日常使いの口拭き用ハンカチだったり、
子どもの算数用積み木だったり、
文房具のストックだったり、
どうってことないものばっかりだけど・・・必要でよく使う。







こうしてみると、
深く考えもせず、
私って結構、空き箱を収納グッズとして使ってる!!
びっくり!!











ここまでお読みいただきありがとうございました。


片づけの始まりは・・・

なんとな〜く、
本の背表紙でもそろえる、くらいの気持ちだったのに。



敬老の日の連休、
なんとな〜くちょこっとのつもりで始めた片づけが大片づけに発展してしまい、
結果的に年末の大掃除を上回るような大イベントになってしまいました。
(1日で終わる予定が、丸2日かかっての作業)


なんとか、収束してよかった〜。


以前、片づけ始めたら終わらないんじゃないかと恐怖すら感じる・・・というご意見について、「でもやっぱり、片づけ始めなくちゃ終わりはきません!」なことを申しましたが、ごめんなさい。心の中で「そうだよねぇ、終わりが見えないのは怖いよねぇ」とそのご意見を書いて下さった方のお気持ちを重々思い返しながらの作業でした。





まぁどうしてここまで発展してしまったかというと・・・

子ども(現在幼稚園年長男児1名)がだいぶ大きくなったので、
もう勝手に触られたら困る物がほとんどなくなり(口で言えばわかるので)
むしろ、もっと彼が自分で自由に取り出しやすくしまいやすい収納システムを
作り直したかったり。

子ども部屋がないので、来年の小学校入学に合わせて、仕事部屋兼物置の使い方や、
学用品や勉強道具などをどこにしまうかを考えたかったり。

どうやら今までの収納システムを抜本的に見直す時期にきているようです。

子どもは「しまう」といっても「つっこむ」くらいですから、
もっともっとモノを減らさないと、あっという間にカオスになってしまうし。

モノだって意識して増やさないように気をつけているはずが、やっぱり気づくと増えているし。



それからよいことも、
片づけを何回か繰り返していると、以前捨てられなかった物も
なんで今まで捨てられなかったのかな〜と簡単に手放すことができたり。



今回の大片づけは久々に大変だなぁと感じたのですけど、
やっぱりやってよかったです。






なんとなく始まった片づけなので、Before After の写真は特にないのですが、
この棚も、ほとんど全部棚板を移動して、入れる場所やモノを「今」に合わせて
変更しました。



↑この大片づけ、夫が本気出したためということもあります。

片づけは女手ひとつでやるより、男手が入ると3倍いえ5倍ははかどります。
お父さんが一緒にやってくれるとすごい威力ですね〜(感謝)





そして、
びっちり入っていた棚にも、空間が。
さてここに何を入れよう・・・

ではなく、
ここはぽっかり空けておきます。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村


片付け どこから始めるか迷ったら

前回、ひろみさんのことを記事に書きましたら、
同じ講座に参加して下さったMさんが、
私もがんばっています!というご報告下さいました。
Kさんも、以前メールでその後、どのように片づけているかご報告いただいたり。
本当に皆さんからそんなお話をうかがうと、とっても嬉しいです!!
行動に結びつけるのはご自身ですから、みなさん本当にすごいですよね。
私も頑張らなくっちゃ!!





さて、本日は以前小学校PTA講座で書いていただいたアンケートの中から
少し書いてみたいと思います。

こんなご意見をいただきました。

「片づけを始めたら、終わらないんじゃないかと怖くて片づけ始められません。
恐怖ですらあります。


・・・このお気持ち、よくわかります。

実家の母もよく申しております。
「片づけたいけど、ちょっとやそっとでは終わらないから始められない。
どこから手をつけてよいかわからない。余計散らかっちゃう。」



「人生がときめく片づけの魔法」の著者、近藤麻理恵さん
こつこつ片づけてなんていたら一生片付かない、一気に片付けないだめ!!
・・・のような事を書いていらっしゃいます。
一気に片付けることを「祭りの片づけ」と名付けていたなぁ。
そっかー(溜め息)

それは私もすごく納得、共感するんですが・・・

でも、主婦だったら、
家族のための用事が沢山あって、
自分のためだけに、時間を使えるわけではありませんよね。
テレビのように、アシスタントさんが沢山入って手伝ってくれるわけではないですし。

一気に片付けたい→でも気分が乗ってきたところで、子どもの用事や他の家事で作業を中断せざるを得なくなる(かも)→そしたら、そのまま片づけることを中断しちゃう(かも)→なんだか余計散らかってしまう(かも)

こう思いを巡らすと、片づけ始められなくなってしまいます。


でも、やり始めなければ終わりはこないし。
逆に、やり始めたら(そして続けたら)いつかは終わりがくる。
(たかだか自分ち、ビバリーヒルズの大豪邸ってわけじゃないですよね)

だから、ご家族で生活されている方、特に子育て中の方には、
やはり「こつこつ」ということも大事と思います。



そこでどこから始めたらよいか迷ったり、
終わらないんじゃないかと心配な方に
私がお薦めしているのは、

「玄関」

下駄箱はしまう物がかなり限定されているし、
広さも、家全体の中でそれほど広い面積ではないでしょうし、
全部出して、選別して、戻すという作業をするのに、
気が遠くなるほどの時間はかからないと思います。
(イメルダ婦人のようだったら別ですけど・・・古っ!)



↓全部出して、棚を掃除する。



↓選別して、いるものだけ下駄箱に戻す

(ピンぼけだったので加工してみたら、これだけ浮いた写真になってしまった)


↓三和土も掃いて拭いてピカピカに。




こうしておくと、後は毎日履いた靴を元に戻せば整った玄関でいられます。

玄関は家の顔ですから、
整えると気持ちがいいですよ〜

そして、ここからこつこつスモールスペースへとぜひ作業をつなげて下さい。

やり始めれば、きっとあっと言う間。
だんだんどれくらいの時間でどの位できるかご自分のペースがわかるようになります。

そうなったら、終わらないんじゃないかと恐怖ですらあったことが、
だんだん、ここもあそこも片付けよう!と楽しみになるかもしれません。



あぁ、でも片付けることが人生の目的ではないですから、
楽しみになるっていうのはちょっと違いますね・・・

そうそう片付けなんてさっさと終わらせて、
もっともっと有意義なこと、自分のしたいことにたっぷり時間を使いましょっ。










現在募集中の講座↓
「子どもと一緒に収納美人になろう」2012年9月期
9月13日(木)9月25日(火)10月11日(木)全3回
ままの*えんからのお申し込みはこちら→ままの*えん




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村



布団の収納

ウチには和室がありません。
ということは、押し入れがないということで・・・

それはつまり、布団をしまう場所がないということです。
(以前「ベットリネンの収納」という記事で同じこと書いてました)


今の生活では「家に人を泊める」ということは、
あまりポピュラーではないのかも。

だから、めったに来ない来客に備えて客用布団を所有するのは空間の無駄遣い!
そんな滅多の機会にはレンタルで済ませれば十分!

と思いつつ・・・
現実は、客用布団2組、しっかり所有しております。


よく、布団の収納について質問を受けるのですが、
布団に関しては、私もまったく試行錯誤中で・・・






 
↑先日義父母が泊まりにきたときに使った布団。
敷き・掛け布団共、干してしまうばっかりの状態で数日放置。




↑週末になり、やっと片付けにとりかかる。
敷き布団は圧縮すると2枚が1枚分の大きさに。
羽毛布団はそのままだとふくれすぎるので、無印良品のケースにいれる。



圧縮した敷き布団2枚、ケースに入れた掛け布団を
ウォークインクローゼットの棚の上へもどす。
ホコリ除けに、白い布をかぶせて終了。





やってしまえば、なんてことはない作業なんですけど、
干した布団を圧縮袋に入れたり、ケースに入れたり、
それを所定の場所に運ぶ(うちの場合高い場所へ持ち上げる)

年に1〜2回程度の非常に低頻度とはいえ、結構(相当)めんどうくさい。
よし!やろうっ!と自分に気合い入れないと
いつまでもそのままになっちゃいそうです。

今はこのやり方で落ち着いてますが、
この不便も、ほんのたまになのでこれでよいのか?
もうちょっといい方法ないのか?
試行錯誤してます。

日常生活で布団を使っている場合と客用では、
しまい方がまた全然違うと思いますが、
布団は存在が大きいだけに、予め収納の想定が必要ですね。






寝心地はよいのに、
たたむとすっごく小さくなる布団とか、
自分の好きな大きさにたためるとか、
布団が圧縮できる風呂敷とか、
あるわけないけど、あるといいな。












ランキングに参加しています。
よろしければ、ポチっとひと押しお願いします!

お財布の整理で「今年こそ100万円ためる貯金生活」

自分家の片付けは割と得意なmahyuですが、

お金を貯めるのはめっぽう苦手・・・ということに、

お気楽なもので、最近やっと気づき、
先日「広場のら」で開催されたお金のワークショップに参加してきました。



「今年こそ100万円貯める貯金生活」ワークショップ
講師は 有田宏美先生 →(女性自立の会理事長)





独身でパラサイトで正社員で働いていた20代は
苦手な私でも貯めようと思えば結構いけたものでした。
時代もよかったしね・・・

そうなんです。
mahyuは以前、ゼニー婆のごとくケチケチばあさんで
今思えば、びっくりするほど(?)のお金を貯金して
それを資金に留学したんです。

そう、つまりそのお金は全部使い果たしました。きれいさっぱり。




そういう経緯があって、
今までなんとな〜く
「私は貯金ができる!」と思い込んでいたのですが、

いやいや全然そうじゃない!!

なんだか最近、
「何にも買ってないのにお金がない・・・」なのです。




そういう私がどうしたらよいのかが書いてある有田先生の本↓



有田先生のお話の中でとても印象的だったのが
お金の問題の本質は、実はお金そのものではなくて、
その人を取り巻いている家庭環境とか、育ち方だったりするということ。

心の問題、
いやなことなど先延ばし、
向き合わないですましてしまう・・・

あ〜なんだか、おかたづけにもつながるなぁと感じます。

先生曰く、
お金の問題をかかえている人のほとんどは
お家の片付けができていないそうです。

(注意)
おうちの片付けができないからお金の問題を抱えるということではありません。




まずお財布の中身を全部出して何が入っているか
きちんと把握するところから。

そして、1ヶ月のお金の流れをちゃんと把握する。
毎月必ず出て行くお金(固定支出)
自由に使えるお金(流動支出)を知ること。

「貯める」ということに近道はない。
まずはこつこつ。
(これも、お片づけに似ているなぁ・・・)



ワークショップの時も、実際にやってみたのですが、
家に帰って、もう一回お財布の中身を全部出して整理してみました。


↑ 整理して、これでも減らしたのにやっぱりカード類が多い私のお財布。
もうちょっと頑張ろう。


有田先生は
銀行のキャッシュカード一枚、クレジットカード1枚という
さすがに、超すっきりしたお財布をお持ちでした。

万が一、財布を落とした時にも対処が簡単だし、
酔っ払って帰って、翌日財布の中身が減ってなかったら、
払ってなかったことに気づくので、一緒に飲んだ友人にすぐ返せるなど、
信用のためにも、お財布の中身をきちんと把握しておくって大事ですね。

お財布は小物入れではない!とのことです。


お金のお話の中でお片づけ似ているなぁと感じるところがたくさんありました。
「何も買ってないのにお金がない」んではなくて、
やっぱりいろいろ使ってました、無駄に・・・
それに気づいただけでも、今回は十分です。


有田先生ありがとうございました。
それから「広場のら」の新井さん、
一緒にワークショップに参加した春衣ちゃん
ありがとうございました。
(新井さんと春衣ちゃんのことも、また改めて書きます)











(お財布のついでに)
なんとなくためていたポイントカード類も整理。
一応、ポイントカード置き場は決まっていて、
たまに使うカードは、使う時にここから引っ張り出してました。

こんなにあったぁ



もう期限がきれている、
もうほとんど(絶対)行かない、
ポイントを貯めても割がよくなくて貯める気がしない
そんなカードたちは「捨てる!!」

定期的に行くお店のカードは
お財布ではなくカード入れに入れて持ち歩くことに。

たまにしか行かないけど、好きなお店のカードは今までと同じ、
かごに入れて、その都度持ち出すということにしました。



そうしたら、こんなに減った。

小さな場所を、ちょっとすっきり。

すっきりはいいなぁ・・・











「簡単に収納グッズは買わない」とは言うけど・・・

片づけの鉄則の一つに、
「簡単に収納グッズを買わない」というのがあります。

それはその通り。

中に収めるもの、置く場所のサイズ、使いやすさ、
そして好みのデザインかどうか・・・など、懸案事項がたくさん。
よくよく考えてからでないと、後からただモノが増えただけになりかねません。


とはいえ、
片づけをしていると、
ちょっとまとめたい、何か入れ物があったら・・・
と思いませんか?



そんな時おススメなのが紙袋です。

え?紙袋?





そう。紙袋です。
紙袋をそのまま使うと、中に何を入れたか分からず、
部屋の片隅に積み上がる何かわからないモノになりがちですが・・・








入れる物の大きさに合わせて袋を内側へ折ります
(取っては内側へ折ったままでもよいし、ハサミで切ってもよし)

ポイントは折り込んで側面を二重にすること。
入れる物の高さに合わせて切ってしまうと、やわやわで使えません。
折り込むと、微妙ですが丈夫になります。







↑一番一般的な紙袋で、A4サイズの書類が横に入ります。





前回の記事でアップしたわが家のレゴ収納。
この色別に分けたそれぞれのレゴを入れているトレイ(のようなモノ)、
実は紙袋でできています。

レゴはがちゃがちゃ探すので、この紙袋のやわらかいトレイが
とても使いやすく、レゴに関しては一時利用でなくこのままずっと使います。(多分)







この紙袋収納(?)お客様宅でのオーガナイズ作業中、
根菜を入れたり、乾物を入れたり、プラかごの変わりに、
本当によく使っています。

だいたいのお宅には(ウチもです!!)
使い道のない、でもなんだか捨てられない紙袋が沢山ありますから。

本当に気に入った収納グッズが見つかるまでの一時利用と考えていますが、
当分これでいいです!とおっしゃっていただくことがままあり・・・

耐久性は低いですが、ダメになったら新しいのと交換すればよいし、
その場ですぐ、モノの大きさに合わせられるし、
お店が違ってもだいたい同じ大きさだし、
同じお店の袋で統一すると、なんだか美しく見えてきたり、




紙袋、溜め込んでいるようだったら、
こんな風に使ってみるのもぜひおススメです。


(あーくーまーでーもー、一時利用で!)







夏休み

夏休みに入り、少し涼しい日(平年並み)が続いてありがたいです。

猛暑に体が慣れてしまったのか、30℃前後(平年並み)なら、
エアコン付けなくても余裕です。
こんな気温で夏が過ぎてくれたらいいなー。




夏休み前、個人的に少し凹んだことがあり、
また夏風邪を引いたり(時間差で親子とも)
幼稚園の行事の係が立て込んだり、

気持ち的にブログどころではなかったので、引っ込んでおりました。


風邪は少し長引きましたが二人とも全快し、
幼稚園の行事の係はすべて無事終了(万歳!!)

凹んだ気持ちは少しまだモヤモヤが残るものの
信頼する方々から沢山話を聞いてもらって、だいぶ復活してきました。
こんな打たれ弱い&小っちゃい自分の話をたくさん聞いてくれた友達、

本当にありがたかったです。





そんなんで、このところ
家中のオーガナイズをこつこつ進める日々を送ってました。

モノをせっせせっせと選別していると、今、目の前にあるモノに集中するせいか、
自然と「余計なことを考える」という不毛なことに頭を使わなくなるので、
有意義な時間がすごせます。
そして、だんだん空間がスッキリしていくのと平行して自分の気持ちもスッキリ。


このスッキリした気持ちは、
ヤケ食いとか、ヤケ買い(?)のように、後から後悔することもないし、
私には片付けもストレス発散の一つなんです。




持ってるものは多くないはずと思ってましたが、
今回、これだけの衣類を処分しました。
45L 3袋
衣装ケース1箱分
段ボール1箱分

左側は廃棄処分。
右側はリサイクルショップへ持って行きました。
今回持ち込んだお店は、季節を問わず
売れるものを150円/kg
売れないもの1円/kg
で引き取ってくれるので、いっきに処分できます。

ちなみに、これ全部で2178円になりました。

満足です。



キッチンの小物たち


午前中、携帯電話のホームアンテナの設置工事のため、
家にいなくてはならず、かといって、じーっと工事を見ているのもなんなので、


短時間でできそうな、キッチン小物の収納を見直してみました。


[BEFORE]
この引き出し、意外に奥行きが短くて、おたまやフライ返しのような
道具が縦に入りません。
市販の仕切りトレーなどでサイズの合うものが見つからず、とっても不便!!

自分の使いやすいように配置するには、仕切りを自作するしかなく


この仕切り、以前寸法を測りスチレンボードをカットして自作したものです。
奥行の長さぴったりに切って、小口に両面テープを貼り立たせているだけ。

作ったばっかりはよかったのですが、
出し入れにがちゃがちゃしたりで、だんだん見すぼらしく
そして曲がったり、倒れたりしてきて、
仕切りの役割を果たさなくなってきてました。


この引き出しをあけるたび、いや〜な気分になっていたので・・・



[AFTER]

仕切りを牛乳パックで作り直しました。
お〜!! なんか以前とあまり代わり映えしないような・・・
(むしろ後退してないか????)
こんなものをわざわざブログに乗せなくてもってなものなんですが・・・



牛乳パックの一面を切り取り、奥行きの長さに合わせて二個を一つにした箱を
両面テープで3つつなげました。
前後の仕切りは、パックの二面を切り取り、互い違いに合わせて見ました。

えーっ!こんなのーって感じのつくりですが、

引き出しの寸法などを測って、そのサイズにカッターで切ったりしなくても、
作りながら、組み合わせた牛乳パックをスライドさせてテープで仮止めして、
サイズを決めていけばよいので、(建築用語ではブイチでといいます)

アバウトな私にはぴったり!
はさみとテープだけで作れるのもラクチンでよいです。

見える場所に上から白い紙を張って出来上がり。


それに、意外と頑丈です。(牛乳1L入るんだものね)


入っているキッチン道具たちが・・・あんまり素敵でないですが、
いくら見直してもやっぱり全部使っているものばかりなので、

インテリア雑誌のようにはいかないところを、

自分は自分と開き直るか?
もうちょっとがんばるか?

うーん、がんばりたい!に一票。







[お知らせ]
ワークショップ「子どもがいてもシンプルライフ」を開催します。
詳細はこちら→
ご予約お問い合わせはこちらまで hommyuri@gmail.com


くつのメンテナンス

久々にくつのメンテナンスをしました。

もともとそんなにおしゃれじゃないので、
下駄箱からあふれて、しまうのに困るというほど靴は持っていません。
それでも、扉をあけてみると意外とびっしり。


何が処分できるかな・・・



やっぱり出てきました。
ボロボロになったスニーカー、もう絶対はかない革靴。
それから、かたっぽなくした子供のサンダル2つ、それと上履き。

ほぼ新品の上履き、昨年幼稚園の体験の時に用意したもの、
結局、上履きを使用しない幼稚園に入ったので、そのまま履かずじまい。
もったいなくて取っておいたのですが、油性ペンでばっちり名前も書いてあるし、
やっぱり誰にもあげられないよねぇ。
アクリル絵の具の白で名前上塗りしたらよかったかなぁ。

こんなものでも、こどものものとなると処分するのに気持ちに一押し要します。

それから、箱入りの着物用の草履はほとんど使用しないので、
今回着物をしまっている和箪笥へ移動しました。



棚板を拭いて靴のホコリを払って、革靴は簡単に磨いて、
家族3人用のくつ、これで全部。
少し余裕ができました。







ちなみに、もともとこの下駄箱には棚板が5枚、
ゆったり6段しかありませんでした。

くつ収納のためのアイディア雑貨がいろいろ出ていますが、
靴を簡単にしまうのに一番いいと考えたのは、
シンプルに棚板を増やすこと。
+4段で約16足も多く収納できます。


棚板なんて簡単に作れないわ〜という方、
ホームセンターで合板を購入し寸法を言ったら切ってくれますよ。
ダボもお忘れなく。

ちなみに我が家の棚板は廃材でmahyu夫が作ってくれました。
我が家のシンプルライフの絶大な縁の下の力持ちmahyu夫、
いつも感謝です。



日々のくらし

今日は何をやったかな?

食事の支度、お弁当づくり、幼稚園の送迎、掃除、洗濯、買い物、etc
特別なことは何もしていないのに、毎日飛ぶように時間が過ぎていきます。


お金持ちもそうでない人も、
老いも若きも、
働く女性も専業主婦も、
与えられている時間はみんな同じ。

私には1日20時間しかないのっていうことはないはず・・・

なのになのに、
あれもしなくちゃ、これもしなくちゃなことでタイムリミット、
ここをもう少しこうしたい、というところまで手が回りません‥‥

なんでだろう???
要領がわるいのかなぁ



それこそ、時間はお金で買えないのですから、
大事に有意義に使いたいものです。





というわけで、
日々、少しづつ少〜しづつ、隙間の時間でおかたづけをしています。
今日はいらない食器を思い切って処分。
どれも、ふちが少し欠けていたり、5年以上使っていなかったものばかり。

この捨てるという行為、
整理収納片付けの初めの一歩、それこそ基本の""とはわかっているけれど、
壊れていないもの、まだ使えるもの、いざ捨てるとなると、
ものを大事にしていないみたいで少し(相当)後ろめたい気分になります。

この後ろめたい気持ちの言い訳に
もう二度と捨てることになるであろうようなものは買わない、
家に持ち込まない、と決心することしばしば。
ごめんね。今までありがとうね。

そんな日々のおかたづけ。
捨てるってそんなに簡単じゃない。






ベットリネンの収納

本日はいつのまにかぎちぎち状態の
シーツや枕カバー布団カバーなどが入っているケースを整理。



わがやでは、かっこわるいですけれど諸処の事情で、
ベットの上に布団を敷いています。

子供が生まれる前はダブルの寝具を夫婦で使っていましたが、
現在はシングル+ダブルの大きさに親子が川の字で寝ています。
???

つまり
敷き布団はシングルとダブルを並べて使用。
なのでシーツはどんな季節もシングルとダブルが必要。
でも掛け布団は、季節によりシングルをそれぞれだったり、
シングルとダブルだったり、ダブルをそれぞれだったり。

というわけで、
なんだか掛け布団カバーがいろいろごちゃごちゃしてました。
掛け布団は、ベットメイクをしたとき(ベットメイクってほどでもないんですが)
部屋の中で広い面積を占めるので、
ちぐはぐなものをかけていると気分がげんなりなんです。


そんな気分になるのがいやで、ずいぶん使っていなかったのに、
揃いでなくても万が一の洗い替えにと取っておいたカバーやシーツ、

でも、もしかして布草履をつくるかも〜
(夏に図書館で作り方の本を借りたのに、結局コピーもしないで返却したでしょう)

45ℓ1袋分、思い切って処分です。



写真ではあまり変化は見えませんが、こんな感じに納まりました。

左上のケースに日常使いのベットリネン一式を収納。
右上は客用枕&客用シーツ&客用布団カバー。
右下は以前使っていたカーテンやピクニックシーツなど大判の布など。
左下は小さいラグが一枚、あとは空で予備のスペース。




広くはないマンション、今の私たちの生活には和室は必要ないと思っています。
和室がないので、押し入れもありません。
押し入れに収納すべきものの行き場を考えるのが結構大変ですね。
そんなわけで、洋服用のクローゼットの一部をベットリネンなどが占めている現状。


学生のころ、
建築家の伊東豊雄さんの講義で、
年に1度来るか来ないかの来客のために空間を用意するなんてナンセンス、
ホテルに泊まってもらえばいい、そんな感じのことをうかがいました。

でも実際は
たま〜に(3〜4泊/年に1回くらい)泊まりにくる遠方の両親に、
ホテルに泊まれとは言えんですよね。

という訳で客用ふとんにまつわるリネン一式(2客)必要なんです。

布団の収納もまぁいろいろ・・・また後日。



<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

お問い合わせ

kuracidesign100@gmail.com

ホームページはこちら

日本ライフオーガナイザー協会

selected entries

categories

recent comment

profile

     

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

search this site.

others

mobile

qrcode
     

archives

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM